有名人の副業「ステマ」を自治体が発注~京都市が政策を芸人にSNSで宣伝して貰う対価、1投稿50万円

情報発信したのに「読まれない、認知されない」と悩む人は多い。
情報洪水時代、情報の99%は埋もれます。解決策は色々あるが、
読者を騙す情報発信「ステマ」に手を染める企業・役所が続出しています。

京都市が市の政策を、芸人にSNSで投稿=宣伝してもらう対価として、
投稿1回に50万円というニュース(詳細はココ)が問題視されるが、ステマの典型例!

 問題は「公金の使い方」と「自治体がステマに関与」の2つに分けるべきです。
「自治体がステマに関与」と「有名人の悪質な副業(詳細はココ)」との関係を説明すると
「公金の使い方の杜撰さ」が明確になります。

 ステマは、ステルスマーケティングの略で「有料の宣伝と気がつかれない
宣伝」という意味。消費者を騙す宣伝なので、欧米ではFTC法などで規制されているが、
日本は規制大国なのに、この規制法が無い。

 つまり、日本は「ステマやり放題、消費者を騙し放題」な国で、ステマの報酬も驚くほど
高額(有名人なら京都市のように1投稿50万円以上)です。

逆説的に言えば「有名人の投稿1回は50万円を超える宣伝効果があり、
本当の宣伝(テレビCM等)よりコストが格段に安く、コスパが高い」のです。

 一方、有名人にとって「投稿1回50万円の、ステマは、おいしい副業」と
位置付けられ「この店でランチしたけど、おいしかったよ」等と依頼された通り
、SNSに投稿すると、2度おいしい!

 有名人の副業「ステマ」を京都市のように「自治体が発注者になる」行為は
「税金=公金の使い方」としても、倫理的にも、問題ですよね。

情報発信の解決策として次の記事が参考になります。
バズる(タダで話題を確認)情報より、検索される(有償でも困り事を解決)情報発信

公金の使い方に関する事例、解決策は『地域再生の罠』で解説しています。
【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

ムダな会議・連絡で 多忙になり 大切な事が見えない悲劇~地方議員は無給が世界の常識vs日本の議員は質が悪いが、高給

 今年は参院選、地方統一選がある。 どんな議員を「選ぶ・落とす」べきか?
その基準を導く為に、地方議員の実態&あるべき姿を示す。 考察は次の2点。

1 まず、地方議員へ研修の講師を務めた時の体験談から実態&教訓を示す。
2 次に、地方議員の国際比較を行い、以下の結論を導いた。

結論: 地方議員は無給が世界の常識 vs 日本の議員は質が悪いが、高給


1 地方議員へ研修の講師を務めた時の体験談から教訓

 研修後、ある議員が講師の私へ「研修内容を一言で要約してくれ」と言う。
理由を聞くと、議員は次のように話す。

「公費で研修・視察に参加したら、報告の義務があり、いつもは随行の公務員に
書かせる。でも今日は随行が居ないので、自分で書くが、そんな時間は無い」

私は「そんな時間こそ大切。そんな大切な時間を確保しない貴方は普段、何してるの?」
と怒りを抑えつつ問うた。 議員は怒り、次のように話す。

「私は政党の会議・連絡で忙しいんだ。講演の話を要約してくれ」

 議員は、党利党略(政党)の為に忙しく、本来なら大切にすべき事を軽視・侮蔑している。
この話は、多くの教訓を見いだせるが、次に注目したい。

教訓 【ムダな会議・連絡で、多忙になり、大切な事が見えない悲劇

 あなたは、この議員を嗤えますか?
この悲劇は、議員が行うと「公務員など周囲の人を疲弊、地域を衰退」させる。

公務員・会社員が行っても「部下など周囲の人を疲弊させる、法令を犯す」。
役所・企業で法令違反が多発する原因は、これが大きいと思う。


2 国際比較で分かる「日本の議員は質が悪いが、高給とり」

 地方議員は「無給で地域の為に兼業で務める」のが海外先進国の常識・良識である。
一方、日本では「自分の生活・名誉の為に、高給だから」議員になりたがる輩が多い。

 海外先進国の地方議員は「地域を愛する市民が、無給で地域の為に兼業で務める」事実を
総務省の資料 諸外国における地方自治体の議会制度~総務省 で検証しよう。

 同資料6頁は、欧州5国と韓国の計6カ国で、地方議員は無給で働く実態を強調している。
(韓国は2003年から報酬を出しているが、それで地方自治が良くなったという話は聞かない)

 無給で地域の為に兼業で務める「欧州の議員は、志が高い」市民だけが立候補するので、
研修の講師へ「研修内容を一言で要約してくれ」と言うバカな議員は欧州にはいない。

 要は、地方議員の「志の高さ、質の良さ」が、入口(立候補)時点で担保されている
この仕組みは、無給で働く「志の高い地方議員」を、市民が尊敬する好循環を生む。

 日本も戦前は無給だったのに、日本は欧州のマネばかりするのに、
なぜ「地方議員は無給で働く欧州の常識・良識」はマネしないのか? 
 
 制度を決める議員たちが、自分の為に、そうしたくないのだろう。 
解決策は、地方議員は「無給で地域の為に兼業で務める」世界の常識・良識を採用し、
地方議員の「志の高さ、質の良さ」を、入口(立候補)時点で担保する事!



地方議員の報酬(年収) 2000万円以上って、異常すぎる

 地方議員は一体、どれくらい高い報酬(年収)を貰っているのか?
wikipedia 議員報酬 に、名古屋市議の報酬(年収)が次のように記載されている。

 名古屋市議の報酬(年収)は 議長2480万円、 副議長2255万円、 議員2120万円
河村たかし名古屋市長は、議員報酬の削減を掲げて 名古屋市議会と対立している。

 欧州の地方議員が無給で務める理由の一つに、年間稼働日数の少なさがある。 日本の
地方議会は年間稼働日数平均38.8日で、名古屋市議の報酬を日給換算すると55万円!
 市議の年間稼働日数は僅か38.8日
 職業別の年収1位は地方公務員 ~ 高校生 なりたい職業1位が 公務員で、日本は大丈夫?

 ちなみに、国会議員の所得は 平均 2281万円 (日経新聞14/6/30) である。
まさかとは思うが、地方議員の報酬額は「欧州は無給」という海外比較は行わず、
「国会議員と比較して、同じ水準であるべき」と考えているのだろう。

 比較の対象を、自分に都合よく意図的に改竄する手口は、昨今の統計不正と同じ穴の狢!
以上を踏まえた「地方議員の実態と解決策」は以下53話を御覧ください。

53話 できる2割を活かすパレート法則で地方創生~ダメな8割を保護する地方は衰退 


 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載15回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集

 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載16回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地方自治体の広報広聴
ジャンル : ビジネス

セクハラ&採用差別は、女性を容姿でなく、意欲と才能を見る改革~採用すべき女性は「美人orブス」等、間違った選択肢から政策を選ぶ役所の愚

セクハラ&採用差別が話題な中、ある首長から次の相談を受けた。

採用一次面接は、中堅の公務員が面接するが、女性への評価が男女で正反対に割れる。
男性の公務員が面接官になると皆、美人を評価し、ブスは落ちる。

女性の公務員が面接官になると逆に、ブスを評価し、美人が落ちる。 理由を聞くと
「美人を採用すると、役所では、セクハラが多発しているから」と女性公務員は言う。

面接官は公務員の男女、どちらに任せるのが正しいと考えますか?
 私の回答は次の通り。

間違った課題&選択肢から政策を選び、失敗する役所が多いが、その典型例!
採用すべき女性は「美人orブス」 面接官は「男or女」という課題の設定が間違い。

課題に設定すべきは、セクハラ&採用差別の撲滅!
解決策は、女性を、容姿でなく、意欲と才能で見る改革。
 
改革の詳細は以下、雑誌の連載56話を御覧ください。
56話 忖度させる首長が、公務員と地方を劣化させる~地方衰退の不都合な真実 
 

 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載15回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集

 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載16回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら





テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

ゆるキャラ組織票「毎日投票しろ」と悪事を働くブラック自治体は、悪事をしている罪の意識が無い~セクハラ・パワハラの解決策は意識改革

ゆるキャラ組織票、最大の問題は、役所に悪事をしている罪の意識が無い事。

ある自治体は、ゆるキャラ・グランプリに出場する時、広報誌に
1日1回投票できるので、毎日投票をお願いします。\(○^ω^○)/」 と書いた。

毎日投票しろって、すごく重い依頼。この重い依頼を市民へ
\(○^ω^○)/」って、軽い顔文字で、お願いする無神経さ、罪ですよ。

組織票を、悪事と意識できない役所は「重い依頼を、軽く、お願いしてしまう」という
悪事も意識できない。

悪事をしている罪の意識が無いから役所は、セクハラ・パワハラなど悪事な事件が多発。
セクハラ・パワハラの解決策は、悪事をしているという罪の意識をもたせる意識改革!

以下の雑誌記事は、ゆるキャラ組織票を行う自治体で、意識改革の研修の実録!
12話 ゆるキャラを使い、重い結論を、軽い言葉で依頼するな~公務員研修録 


地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載15回分 を以下で読めます
 自治体経営と広報・シティセールスの成功と失敗 12の真実~編集者を募集

公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載16回分 を以下で読めます
 自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

  

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

役所の婚活パーティ告示(情報発信)が酷い~女性を誘う作法を知らなすぎて、女性=顧客を不安にさせ、人口減少が加速

 役所の婚活パーティ告示(情報発信)が酷い。 ある役所の婚活パーティ告示文は、
政策の意義(役所の言い訳)が延々と記され、肝心の内容は最後に、次たった一言。

「内容: 会話と食事を楽しみながら親交を深める。」 って、酷いよね?
内容が「抽象的かつ事務的」すぎて、顧客を不安にさせる・期待感を抱けない。

例えば、食事メニュー、ドレスコードを書かないと、女性は服装を決めれない。
しかも初対面の男女が、会話を楽しむには、ゲームや演奏など催しが必須。 

食事メニューを具体的に書く事で、婚活パーティに参加する「言い訳」にもなる。
逆説的に言うと、珍しいワインが飲みたくて婚活パーティに来たって「言い訳」ができる
食事メニューを告示(情報発信)すべき。

実は、女性を誘う・口説くのに、言い訳を用意してあげる事が最も大切! 

役所の婚活パーティが酷い実態と、女性を誘う作法の詳細は
以下、連載11話を御覧ください。

11話 役所の婚活パーティ政策が酷い~政策と情報発信を改革する公務員研修録 


 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載14回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集

 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

  

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR