消費税を増税した福祉後進国は、市場を通さない消費が増え、流通業は衰退~例:原価2万円・店舗価格は10万円の農産品で講演

福祉後進国が消費税を増税すると、市場を通さない(店舗を使わない)消費が増え、
店舗など流通業は衰退!


北欧など福祉先進国は、消費税が高くても、生活に余裕がある(将来不安が無い)から
「店舗を使う(税を払う)消費」は衰退しません。

だが、ギリシャ・イタリアなど福祉後進国が福祉を改善しないまま増税すると
「市場を通さない消費」が増え「店舗を使う(税を払う)消費」は激減し
店舗など流通業は衰退しています。

日本は勿論ギリシャ型。なぜなら、日本は今も「市場を通さない消費が多い」から。
市場を通さない消費の例は「おすそわけ、シェア、フリマ」がトップ3。

実は、おすそわけ・シェア等は、地方創生・地方移住が進む成功要因!

「食べる物は、おすそわけで貰う。他の物は仲間とシェア」するから買わない。
生活費が安い! だが、物は買わない地方・国では当然、流通業は衰退する。
物は売らない・買わない「おすそわけ、シェア」の例を2つ挙げます。

1 若者が「農家の仕事を手伝う=役務提供する)」と、収穫物を貰えます。
 例えば、米は全生産量のうち3割以上が「市場を通さない縁故米」

2 原価2万円・市場価格10万円の農産品で「講演=役務提供」が成立。
 ある地方からの講演依頼という実話で2を紹介します。 

「講演を依頼したいが、相場の10万円を通貨=お金で払う予算は無いし、
通貨=お金で払うと、マイナンバーや税の処理が実に面倒。
原価2万円(店舗価格は10万円)の農産品を、おすそわけするので講演して下さい」


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

顧客志向だけでは成功できない~商品の位置づけを変えると、売上が10倍 事業の位置づけを変えると、効果が10倍

顧客志向だけでは、ビジネスも役所事業も、成功できない。
商品の位置づけを変えると、売上が十倍増。事業の位置づけを変えると、効果が十倍増
という大きな成功を手にすることができます。

 ジャパネットたかた が「ボイス・レコーダーを以前より10倍も売った」成功例は有名ですね。
高田明社長は、テレフォンショッピングの視聴者(の多くは主婦)へ、ボイス・レコーダーという
商品の位置づけを次のように再定義しました。

「子どもは小学校から帰宅した時、家に誰も居ないと、寂しいですよね。
お子さんに寂しい想いをさせているお母さんの気持ち、痛いほど分かります。
そんなお母さんへ提案です。 このボイス・レコーダーを使って、
お母さんの肉声で、お子さんへメッセージを伝えてみませんか!」



 ボイス・レコーダーという商品の位置づけは従来、会議などビジネス用途での録音だった。
この「古い位置づけ」の元、顧客志向で商品・政策を企画すると、次のようになります。
 
   顧客ニーズ              解決策=商品企画は機能向上  
日本の会議は、ダラダラ長い。   他社商品より、長時間録音できます!
重役のオヤジは、ボソボソ話す。  他社商品より、音声がクリアです!

 この2つの例は、顧客ニーズから企画する「顧客志向」ではある。しかし、
同業他社みなが横並びで同じような商品を企画すると、価格競争に陥る。
この「皆で同じ事をして安心する横並び主義」は、価格競争=デフレを招く

 高田明社長は、ボイス・レコーダーという商品の位置づけを「ビジネス用途」
から「親子のコミュニケ―ション・ツール」へ再定義
し、新しい商品価値を創造した。

 新しい位置づけ→新しい商品価値は、どうすれば発見できるのか?
他人ごとではなく「自分ごとで考える(当事者意識をもつ)」と良い。

 私の体験を例に説明します。 共働きの久繁家は、愚息に小学生時代
「帰宅したら独り」という寂しい想いをさせていた。

 すれ違う親子コミュニケ―ション・ツールとして、最初は皆と同じように
(冷蔵庫にマグネットで設置するタイプの)ホワイトボードを使っていた。

 どんなメッセージを書くかというと、ホワイトボードの大きさから
「おやつは冷蔵庫の中にあるよ!」くらいしか書けない。

 親として辛かったのは、書ける「メッセージ量の少なさ」よりも、
想いを「文字でしか伝えらない」ことだった。 そこで私は
「肉声を伝えることができて、愚息が少しでも楽しめる」方法を模索した。

 解決策は、機種変更で使わなくなった携帯電話があったので、携帯電話の
ボイス・レコーダー機能を利用して、音声メッセージを伝える方法に変えた。

 このような自分の体験があると、ボイス・レコーダーという機能・商品の
「新しい位置づけ→新しい商品価値」を、創造できる(閃く事ができる)。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

有名人と友達になる方法~ 補助金=他人の金で、人&地域は活性化しない

自分の金・時間を投資するから、人=顧客は感動する

 講演会を告示すると毎回、遠方から自分の金・時間を投資して参加してくれる方が
いる。私は感動して、その方と心の友になる。 最近の素敵な出会いを2つ紹介します。

例1)長野県の須坂市で、6月2日に講演した時、東京の八王子で商店街の理事長を務める
 Kさんが来てくれた。 Kさんと私の会話の一部を紹介すると、

Kさん 「講演会を八王子でも企画したい。講演の雰囲気を感じ、熱意を伝えに来た。
    いくらで講演会をお願いできますか?」
私 「Kさんの熱意に感動しました。 あなたのいいねで八王子へ行きます」


例2)福島市で7月7日に行う講演会を告示したら、アイルランド在住の日本人女性が
 「福島に実家があり、帰省ついでに参加したい」と連絡あり。 

 彼女の熱意に私は感動! 感動のツボは2つある。 
1.帰省のついでとはいえ、ヨーロッパの方が私の話を聞きたいと言ってくれる事。 
2.主催者=自治体の研修所は、講演会の対象を地元の公務員と明記。 
 一般人の彼女は、よそ者で対象外なのだが、ぜひ参加したいと熱意を示す行動力。
7月7日の福島で行う講演会の詳細と申込は、コチラ


補助金=他人の金を使っても、地域=あなたは活性化しない

 上記エピソードから次2つの知見を導くことができる。

1) 補助金=他人の金を使っても、地域は活性化しない(あなたは豊かになれない)。
 あなたが幸せになる(地域を活性化する)には、自分の金・時間を投資しよう。

2) 手が届かない人=有名人と親しくなりたいなら、自分の金・時間を投資して、
  リアルに交流しよう。 facebookの友達申請などネットでは、心の友になれない。


facebook友達申請の罠~友達にならないと、申請は届かない

 facebookで、よく有名人らしき方が「メッセージを添えない友達申請は、承認しない」と言う。
上から目線な表現も気になるが、facebookの仕組みを知った上での表現か気になる。

facebookは、友達認証していないアカウントからのメッセージは、フィルタでブロックされる。
つまり「メッセージは表示されない」が「友達申請の通知だけが表示される」。 

 こういう場合の対処は「メッセージ・リクエストをクリック→フィルタ結果をクリック」すれば
メッセージを見ることが出来る。 でも、仕組みを知らない人は、申請だけ来たと思いこむ。

 また、私のように facebookのアカウントは有るが、facebookは週1程度しか使わない
「ネット・コミュニケーションに距離を置く者」も多い。 

 手が届かない人=有名人と親しくなりたい作法の纏めです。
ネットや電話を使い「タダで会いたい」と言う、ずうずうしすぎる奴は、絶対に嫌われる。

 正しい作法は 相手が書く書籍やブログ等を見て→相手が出現する場所を調べて
→自分の金・時間を投資して会いに行く
。 

 地域活性化の作法も同じ。 市民=顧客の志向を調べて→自分の金・時間を投資→
市民=顧客と協働。 詳細は、『競わない地方創生~人口急減の真実』 に書いてある!


『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編
 

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

 好評の連載、第3弾です。 未読の方は以下、前回までの記事から御覧ください。
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)



「顧客の声を聞く」正しい方法とは?

「顧客の声を聞け!」と、当連載で強調していますが 「顧客の声を聞く」方法 にも
正しい方法論がある。 当然ですが、正しい方法論で実践しないと、効果は出ません。

 その「正しい方法が、できていない」 商店街・経営者・自治体 が 非常に多いので
「顧客の声を聞く」正しい方法を、私が講演や研修で話すネタを使って解説します。



江戸の商人は、火事の時、顧客名簿だけは持って逃げた

 江戸時代、江戸は火事が多く 「火事の時、顧客名簿だけは持って逃げろ」が
商人の格言でした。 つまり、江戸の商人は皆 「顧客名簿を作成し、有効活用していた」!

 しかし、現代の商店主は多くが「顧客名簿を作っていない」! こんな基本さえ実践しなきゃ
儲かるはず無い。  商店街を再生したい(儲けたい)なら、まずは顧客名簿を作ろう!

 イベントやるなら、顧客名簿をもとに、顧客を招待・優遇すれば、効果は高い!
アンケート調査も、顧客名簿を使って「顧客の声を聞く」べき。 だけど、実情は…



顧客は「選ぶ、絞る」 → 買ってくれた顧客の声を聞く!

 自治体が実施する商店街再生を目的としたアンケート調査の対象は「市民全般」。
この調査で「商店街を利用しますか?」の問いに、9割前後の市民が「No」と答える。
これは「顧客の声を聞く」というより「利用する気がない者から 粗探しを聞く」行為。

 一方、人気の高い店が、顧客の声を聞く方法は「店内で聞く or 顧客名簿を使った調査」。
両者の違いは「買ってくれた顧客=過去に来店した顧客」に、対象を「選ぶ、絞る」点。



買わない顧客・やる気ない上司の「声=粗さがし」は、無視

 なぜ、声を聞く対象を「買ってくれた顧客=過去に来店した顧客」に絞るべきなのか?
買わない顧客は「粗さがし」に終始し、改善努力が報われない可能性が極めて高いから。

 買わない顧客は、やる気ない上司と同じ。 つまり、最初から「買う気、やる気」が低い!
「なぜ買わない?」って聞くと 「買わない、やらない」為の粗さがしに終始します。 

 指摘された粗を改善しても、また違う粗を探して「買わない、やらない」姿勢を貫くので
「買わない顧客、やる気ない上司」の声は、まじめに聞いても、努力が報われない。

 逆説的に言うと、あなたの商品・企画を「買ってくれた顧客・上司」は、すごく大切な存在。
彼らの信頼・期待は絶対に裏切ってはいけない。 彼らの声は大切に聞く必要がある!



顧客から「選ばれる」前に、顧客を3つに「分けて、選ぶ」

顧客に ”選ばれる”努力が必要」と、よく言われるが、この表現は正しくない。
顧客を ”選ぶ”努力が必要」という表現が正しい。
 
 では、どのように顧客を「選ぶ」か? 次の3段階に顧客を「分けて、選ぶ」と良い。

    顧客の3類型 → 声を聞く「目的、内容」                      
1.今も買ってくれる顧客→ 優良顧客に育てる為、細かな顧客ニーズを探り、改善
2.過去に来店したが、来店しなくなった顧客→ 利用しなくなった理由を探り、改善
3.まだ来店していない潜在顧客→ 顧客獲得コストが高いので、努力の優先度は低い


 顧客の3類型毎に「声を聞く目的・内容が全く異なる」ことに留意したい。
自治体や商店街が実施するアンケートは、皆に同じ内容を聞いても意味ない ですよ!



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら




テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)

売れない理由は自分で作るな、顧客に聞け

 前回の続きです。 未読の方は、以下ご覧ください。
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)

 売れない理由は「顧客に聞く」と、事実が分かり、正しい解決策が見えてきます。 
売れない人ほど「売れない理由を、自分で作る」から、誤った施策を導いてしまう。

 商店街の衰退はその典型。 売れない理由を自分で作るから、自分の非は全て排除して、
責任は全て大型店など外部に転嫁した「誤った施策ばかり乱造される」のです。


 商店街再生の一環として私は、顧客インタビューを全国各地で実施していますが
「顧客の声、特に女性顧客の声は、非常に参考になる」と、前回は締めくくりました。

 今回は、女性顧客の声をもとに「商店街再生、自治体経営」の方向性を掘りさげます。
補助金を使う商店街をどう思うか? と問われた女性顧客たちの答えは以下のとおり。


補助金にたかる商店主は、デート代を経費でおとす男と同じ

 この「女性、顧客の声」 を 「販売者、オヤジに分かる表現」に換言すると次のようになります。
自分の客・恋人をもてなす為に、他人の金に手をつける最低な男とは、つきあえない!

「商店街の再生=商店街の利益向上」を目的に「補助金を使って、何かに頑張る」という
販売者・自治体の発想そのものが、顧客から疎まれているのです。 

 商店街の講演会・自治体の研修で「何をすれば成功できるか?」と、よく聞かれます。
何をすれば?と聞く前に 「自分の金と頭を使う」 ことが大切です” と私は答えます。

 私は親身に答えていますが、こう答えると「久繁は親切でない」等と、すごく嫌われる…
彼らが求めているのは「自ら考えなくても」「ズバリ答だけ提示してくれる」 エセ専門家。
 参考記事 「自ら考えなくても」「ズバリ答だけを提示してくれる」ものに乗っかる日本人



顧客の視点と、商店街・自治体の視点が、ズレすぎている

 女性顧客から、最低!と軽蔑された男、すなわち「デート代を経費でおとす男、
補助金をもらう商店主、補助金をばらまく自治体」は皆、この女性視点は想定外だと思います。
 参考記事 デート代に会社の経費を使う男を、女性はどう感じているか?
 
 このギャップ、つまり「顧客の視点と、販売者・自治体の視点が想定以上にズレている」ことが
商店街が衰退し続ける理由です。  では、何をどう変えれば良いか? 
 
「自腹を切る」のです。 自分の為なのに「皆の為」と、綺麗ごと言って、他人の金を使えば
最低な男!と軽蔑されます。 しかし、自腹を切ると、自分も顧客も、良い方向に変わります。 

1) 店主は自腹を切ると、自分の頭で考えるようになる
2) 顧客は自腹を切る店主に、共感・応援したい気持ちを抱く
 
 


1) 自腹を切ると、自分の頭で考えるようになる

1の例) 商店街再生の補助金で、商店街マップを多くの都市が作成します。
 そもそも論として、商店街マップの「利用者は誰か」を考えているのでしょうか?

 マップ=地図は本来、その土地に不慣れな「よそ者、観光者」が必要とするもの。
自腹を切らないと=他人の金だと、そもそも論を考えないで、他都市の模倣に走りがち。


2) 自腹を切る店主に、顧客は共感・応援

2の本質) 個人商店=商店街の再生に、顧客から「共感・応援」の気持ちを得ることは
 非常に効果が高い。 理由が分からない方は、前回記事を御覧ください。

  前回の復習を兼ねて理由を要約します。 価格や効率など大型店やネット販売と
 同じ「価値軸=土俵」で個人商店が勝負してはいけない。

 「共感・応援」は顧客と交流を育む好機です。 商店街のイベントも本来は、顧客の
 「共感・応援」を得て、交流を育む機会と位置づけるべきだが、当日だけ盛りあがることが
 目的と勘違いしている商店街が多すぎます。



「補助金依存・成功事例模倣=他人の金・頭に依存」するな!

 今回と前回は、商店街支援で私が実施した顧客インタビューの声を紹介した。
若い女子学生から商店街オヤジへの声を、もう一度きいてほしい。

今回) 補助金にたかる商店主は、デート代を経費でおとす男と同じ

前回) 成功事例を猿真似した商店主の広告文は、まるで
    出会い系サイトのコピペ・メール


 2つの共通点は、補助金や成功事例など「他人の金・頭に依存しすぎるな!」
「自腹を切れる=自立した商店主なら、共感できる!応援したい!
である。


 女子学生インタビューを通して、私が学んだことを最後に記しておきたい。

 優れた顧客サービスやデートを提供されても「他人の金」を使っていたり、
「下心に満ちた、マニュアル化された」対応と分かれば
喜べない=つきあえない!


 
          若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

個人商店=商店街を活性化する研修・講演ご依頼は、こちらから

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR