龍ヶ崎市役所で4月、3人も自殺~マスゴミは「民間の不祥事は過剰に叩くvs官の不祥事は隠蔽に協力」

龍ヶ崎市役所で4月、3人が自殺していた、と本日、茨城新聞が報道(詳細はココをクリック)

「小さな市役所で1ヶ月に、3人も自殺」って、本来なら、衝撃的なニュースで、電通で1人が
自殺した時のように、大きな社会問題として報道されるはず。

しかし、報道は地元の、ローカル新聞だけが、自殺から10日以上も後に
「4月、3人が自殺していた」と、過ぎ去った出来事として報じるのみ。

なぜ全国区のテレビ新聞は「小さな市役所で1ヶ月に、3人も自殺」した大きな社会問題を
報道しないのか? 電通と龍ヶ崎市役所の差、つまり「官民の差」でしょうね。

 マスゴミは、電通など民間の不祥事は、忖度が不要で、過剰すぎるほど叩く。
過剰に叩くと、正義面できるし、視聴率が取れる1石2鳥の効果を得られる。

しかし、政治家・役所など官の不祥事は、遠慮・忖度して、隠蔽に協力する。

 権力者には忖度(媚を売る)、逆らえない者は叩く(弱い物いじめ)格好悪さ、
忖度する効果など詳細は、以下の本で学べます。
【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コロナ禍の増税1発目:キャピタルゲイン税率が2倍、米で株が暴落~バブル崩壊に備え、投資的な行動は様子見

コロナ禍の増税:第1弾として、富裕層の「資産売却益の税率(キャピタルゲイン税率)」を2倍
にする提案を、バイデン大統領が準備していると報道された一昨日、アメリカで株が暴落!
 米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税2倍を提案へ :bloomberg 21/4/23

 富裕層への増税は、大衆受けする(ポピュリズムな)政策の筆頭で、
政府にとっては「税収確保と、政府支持率」の両方を高める1石2鳥の効果を期待できる。

しかし、政策としては正しくない。キャピタルゲイン税率の増税は、アメリカ株が暴落したように、
株・不動産など資産価格の暴落を招く。 資産価格がバブル状態なら、バブル崩壊を招く!

今、株など資産価格は、バブルの高値にあり、この増税を機に、バブル崩壊の可能性がある。
バブルは、いずれ崩壊するが、コロナ禍で厳しい今、バブル崩壊を誘導する政策は正しくない。

バブル崩壊は何時も、税率や金利やキャッシュ総量などの変動が契機となり、世界に拡がる。
事実、日本の株も昨日、暴落!

 バブル崩壊に備え、転職・起業などリスク投資的な行動は様子見した方がよいかも。
資産をお持ちの方、キャッシュ・ポジションを高める(リスク投資を減らす)等の対策が必要です。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之に介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

戦略的に赤字の商品・施設を創り、集客を高め、店・街は活性化~品揃えに個性ある店・起業は成功

戦略的赤字商品で集客、安くない商品も売れる

「メロン大玉50円、激安な店」と、テレビ等が話題にした店へ行ってきたよ。
メロン以外にも激安な商品もあるが、過半の商品は普通の価格です。

この価格設定(プライシング)で、話題性と集客要因をつくった結果、来客は多く、
客の「ついで買い」を促し、安くない商品も飛ぶように売れていた!

meron1.jpg

成功できない人は「勉強しない」「実践しない」

 このように、利益を度外視した一部の激安な商品を「戦略的赤字商品」と言う。
戦略的赤字商品と、利益の高い普通の価格の商品を混在する品揃えは、
店の利益・売上を総合的に上げる王道で、優秀な店なら必ず実践しています。

一方、ダメな店・商店街は、この王道を「勉強不足で知らない」か「知っていても
面倒とか言い訳して実践しない」ので、話題性と集客要因をつくれず、店は廃れる。

 つまり、成功できない人は「勉強しない」か「実践しない」のどちらか、あるいは両方。
成功できない自治体は、視察が旅行や遊びで「勉強していない」し「実践しない」。

稼がない(タダで利用できる)施設が、周辺の店を活性化

 まち・地域の活性化も「戦略的赤字施設」が有効です。つまり、
稼がない(タダで利用できる)居心地の良い公共施設で集客し、周辺の
飲食店に人が流れる仕組みを創る。

 以上の事例と詳細を、以下の本で学べます。
【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 政治・経済

コロナ給付金の日米比較~日本は飲食店だけ貰う「不平等」 vs アメリカは皆が貰う「平等」で、株に投資→コロナ禍の株バブル

 コロナ給付金を、日米で比較すると、日本の人口減少vs米の人口増加の構図が分かる。
コロナ禍で株価が急上昇し、バブル到来の理由も分かります。

コロナ禍で、株価が急上昇し、バブル到来の理由

 アメリカは、3回目のコロナ給付金が全国民に1400ドル:約15万も与える「平等」さ。
用途は過半が「株に投資」で、NYダウ(アメリカ株式市場)は急上昇し、空前のバブル!
 
 NYダウは1年前の18213ドルから33047ドルへ1年で、1.8倍も上昇。
日本の株は、アメリカに横並びだから、やはり1年の上昇率は1.8倍。

参考 アメリカ人、給付金の約半分を投資に~1700億ドルが株式市場に流入
 このようにアメリカは政策の効果・結果を直ぐに検証・報道します。


日本は、特定の業界と政治家が癒着→政策が不平等

 一方、日本の協力金という名の給付金は、飲食店だけが1日に6万円も貰う「不平等」さ。
用途は不明。 アメリカのように、政策の効果・結果を全く検証しない、デタラメで無責任。


アメリカは、政策の結果を直ぐに検証、報道→政策の質が向上
 
 アメリカは、政策の効果を直ぐに検証、報道するから、政治・政策の質が上がる。
国民は政治・政策に関心をもち、4年毎の大統領選挙で、よく政権交代が起きる。
国民は政治・国を動かす力がある。夢をもてる。だから、人口は増える。


日本は政策の結果を検証・報道しない→デタラメな政策が横行

 一方、日本は政策の効果を検証・報道しないから、デタラメな政治・政策が横行。
特定の業界だけが儲かるように癒着し、違法な接待が蔓延る。
国民は政策に無関心、夢をもてない。だから、人口は減り続ける。

 これが、日本の「少子化・人口減少」の原因で、解決策は
政治と政策(政治家と公務員)の質を上げる、頭数を減らすという
不都合な真実を以下の本で学べます。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

起業・事業の成功は「過去の成功例、現在の課題、未来の変化」の3視点で考える~起業の名著『STARTUP』書評

 起業・事業のネタを見つける視点は、時系列で3つに分けることができ、
起業・事業の成功はこの「3つの視点を組み合わせて、考える」事で実現します。

1)過去の「他人の成功例」
2)現在の「自分の課題」
3)未来の「変化」



過去の成功例だけを、考えないで猿真似する事業は、失敗

 自治体の事業は、この成功法則とは正反対だから、失敗しがちです。つまり、
過去の他人の成功例だけを、考えないで猿真似」するから、失敗するのです。

 アフターコロナ・ウィズコロナでは、現在と未来が激変します。結果、
現在の自分と、過去の他人では従来以上に、状況と能力が変わります。

だから、3つの視点は従来以上に、現在と未来を重視する必要があります。
より具体的に言うと、起業のネタは、現在と未来から見つかります。

 起業の名著『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』は、以上の内容が
よく分かります。 それを本書の南壮一郎さん(以下、南氏)のケースで説明しましょう。


起業・事業のネタは、現在と未来から見つかる

 南氏は大学卒業後、外資証券会社で5年勤務後、プロ野球の楽天球団の設立に関わる。
楽天で2年働き「もっと大きな世界で挑戦したい」という思いから、転職活動を始める。

 転職支援会社やヘッドハンター27人と転職活動を進めるが、大きな世界で挑戦できる
「ハイクラスな転職支援」が全く存在しない不満を抱く。 この不満が起業の契機となる。

 つまり、転職支援会社やヘッドハンターは過剰な市場なのに「ハイクラスな転職支援」市場は、
ぽっかり穴が空いているから、このニッチ市場に特化した転職支援会社を起業しようと。

 未来を考えると、雇用の流動化・働き方改革が進み、転職市場は大きな世界になりそう。
海外に目を向けると、欧米には「ハイクラスな転職支援会社」が存在する。その成功例を調査、
南氏は2009年、ハイクラスな転職支援会社「ビズリーチ」を起業する。直近の年商は約157億円。


起業は「現在の競合度、未来の成長度」で決断

 南氏の成功要因を私的に要約します。

1 現在の「自分の課題(ある市場への不満)」から、起業のネタを発見
2 起業ネタが、現在は競合がいない・少ない事、未来は成長市場である事を確認
3 過去の成功例は、起業の内容を決めた後、その内容に特化して調査





 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



テーマ : 地方創生
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR